おりものの臭いとバルトレックス、お湯感染について

クラミジアは感染者の多い、性病の一つです。
男性の場合には尿道に痒みや痛みが出たり白い分泌液が出るという症状があり、女性はおりものが多かったりいやな臭いがしたり、おりものが黄色かったりという症状が出てきます。
クラミジアの薬として有効なのがバルトレックスです。ヘルペスにも用いられる薬ですが、抗ウイルス剤で、クラミジア感染にも効果的なのです。

クラミジアの感染原因としてもっとも多いのは性行為です。まれに密なキスでも感染する可能性はあります。
お風呂のお湯から感染する性病というのもありますが、クラミジアの場合には大丈夫です。そのため感染者が銭湯などを利用しても特に問題はありません。
トリコモナスなどはお風呂で感染する可能性もありますし、淋病などはトイレの便座やタオルからも感染する可能性が出てきます。

クラミジアは避妊しないで性行為をしたり、オーラルセックスをしたときに生じることが多いので、できるだけコンドームをつけるようにするなど注意しましょう。

症状が出れば、比較的気づきやすい病気なのですが、中には症状が出てこない場合もあります。
放置しておくと急に激痛が出ることもありますし、女性の場合には不妊症の原因ともなってくるので、妊娠を望んでいる方は特に調べておくほうがよいでしょう。知らない間に感染しており、子供が欲しいと思ってもなかなか授からないという場合もあります。誰にでもかかる病気です。

早期発見すればバルトレックスを服用することですぐに治ります。下半身の疾患のため医療機関での治療が受けにくいという場合には検査キットを使用して感染しているかどうかを調べることもできます。
おりものの状態など、日頃から気に掛けて起きましょう。