バルトレックスとオロナインの効果と体験について

口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、放っておくとさらに重症となることがあります。
定期的にヘルペスになるという人も多く、そのたびに医者にかかるのは煩わしい、または金銭的な理由からオロナインでの処置で済ませる人もいます。

ヘルペスウィルスは、口唇発生時の場合顔の神経を通って水疱となってあらわれるため、オロナインでは効きにくく、またはほとんど効かないという体験をした人も多いでしょう。
バルトレックスはヘルペス治療に効果を発揮する内服薬で、疱疹やヘルペスの原因となっているウィルスを撃退し、その増殖を防ぐ役割を果たします。
その効果は実証されており、口唇ヘルペス、性器ヘルペスのような単純疱疹だけでなく、帯状疱疹、そして子供の時期にかかる水疱瘡の症状の緩和にも役立ちます。
ヘルペス発症から比較的長く症状が続くものですが、発症から5日以内にバルトレックスを服用しはじめると、ウィルスの増殖を最低限に抑えることができ、症状の悪化を防げる可能性が大きく高まります。

バルトレックスは吸収量が良く、服用時から高い効果を発揮でき、また副作用も少ないことが利点です。
一方で、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、そして帯状ヘルペスの各症状によってバルトレックスの服用の仕方が変わってくる点に注意する必要があります。
また、副作用が少ないとされていても、胃腸が弱い人が服用すると便がやわらかくなるなどの副作用が発生することがあります。 副作用がそれほど大きくない場合は、新陳代謝をよくするために水を多く飲むことで、症状の緩和につながることがあります。
あまりに酷い反応をしてしまう場合は医者に相談するべきで、特に服用後酷い頭痛となる人は早めに相談をするとよいでしょう。